年賀状 写真の印刷のネット注文はパレット伝わるへ

  • パレットプラザ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

お問い合わせはこちら

ネット限定クーポン

  • フジカラー年賀状

年賀状お役立ち情報

クレジットカード決済
定期メンテナンス

毎月第2火曜日AM2:30~
AM3:30の間で最大5分間

決済代行会社のシステムメンテナンスのためご注文時にクレジットカード決済がご利用頂けません。ご利用のお客様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご了承の程お願い致します。

年賀状に使われる賀詞(がし)について【年賀状コラム】

年賀状を頂いた時、定型文が目に留まります。「あけましておめでとうございます」という一番スタンダードなものから「迎春」、「謹賀新年」という言葉が多いのではないでしょうか。また、「Happy New Year」もよく目にします。しかしながら、送る相手によっては、選んだ賀詞に対し、不快感を覚える場合がありますので、注意が必要です。
例えば一文字、二文字の言葉は避けた方が無難です。「賀」や「賀正」、「迎春」、「新春」は事柄を述べているだけで、相手に対する気遣いや敬う気持ちが足りません。よって、送り主が目上の場合は、使用しないよう心がけましょう。ちなみに「Happy New Year」は相手を選びませんので、使い勝手がよいのですが、「A Happy New Year」と、文頭に「A」を付けるのは誤りです。
クリスマスメッセージの定型文に「Wish you have a Merry Christmas and a Happy New Year」とあるように、年明け前に使用するため、新年の挨拶に「A」は不要です。上記のように知識がないと、知らず知らずのうちに恥ずかしい思いをしてしまうということです。
なお、「あけましておめでとうございます」や、「新春のお慶びを申し上げます」という定型文は「Happy New Year」と同じように相手を選びませんので、わざわざ目上の人用に、と分けて作成する手間がかかりません。マナーを知りふさわしい賀詞を用いれば、好感の持たれる年賀状が作成できるでしょう。

ページTOPへ