年賀状 写真の印刷のネット注文はパレット55伝わるへ

  • パレットプラザ・55ステーション
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

お問い合わせはこちら

お客様サポート

写真を入れる年賀状

写真なし印刷年賀状

キャラクター年賀状

  • おしゃれ年賀状

年賀状に関するマナー

年賀状のマナーについて、知っておきたい事がいくつかあります。なお、その理由まで理解していれば、家族や知人、友人に聞かれた際もスマートに回答でき、とても格好良いと思います。ぜひ、押さえておきましょう。まず、言葉の重複に気を付ける事が重要です。「新年あけましておめでとうございます」は、一見、問題ないように見受けられますが、「新年」と「あけまして」は同じ意味合いを持つので、どちらかにしましょう。「あけましておめでとうございます」のみにした方がすっきりして見えると思います。そして避けた方が良いのは、マイナス表現です。年を重ねるごとに感じる老いから「衰える」や、「枯れる」、「倒れる」、「失う」等、受け取った側が暗い気持ちになってしまうような言葉は使わないように心がけましょう。また日頃は、前年の事を、「去年」と言いますが、年賀状では、「去」が忌み言葉なので、「旧年」や、「昨年」に言い換えなくてはなりません。そして年賀状に目を通すのは、共に暮らす家族も含まれている事を忘れないように気を付けて下さい。よって、読まれて困るようなプライベートな事(病気や、離婚、会社の倒産等)も書かない方が好ましいでしょう。年賀状は送り主に対する御礼や、新しい年を迎え、今年もどうぞよろしくお願い致します、というご挨拶です。自分本位にならず、相手を気遣う事を第一に考えて作成すれば、双方の心が温かくなるような1枚が出来上がると思います。美しいマナーを体得し、素敵な年賀状を送りましょう。

ページTOPへ