年賀状 写真の印刷のネット注文はパレット伝わるへ

  • パレットプラザ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

お問い合わせはこちら

ネット限定クーポン

  • フジカラー年賀状

年賀状お役立ち情報

クレジットカード決済
定期メンテナンス

毎月第2火曜日AM2:30~
AM3:30の間で最大5分間

決済代行会社のシステムメンテナンスのためご注文時にクレジットカード決済がご利用頂けません。ご利用のお客様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご了承の程お願い致します。

年賀状の始まりは年始回りの挨拶だった【年賀状コラム】

年賀状のルーツは年始回りを簡略化したものだと言われています。
年賀状は平安時代より続く日本独自の習慣であり、日頃お世話になっている方々に感謝の気持ちを込めて贈る挨拶状です。新年をお祝いする言葉とともに、昨年の感謝や新年の変わらないお付き合いを依頼します。
日本では古くから、新しい年を迎えると目上の人のところへ出向き、お祝いの挨拶をする「年始の挨拶回り」が行われていました。そしてこの「年始回り」の習慣は大正時代あたりまで行われていたと言われています。しかし江戸時代に入り交際範囲が広がるにつれ、挨拶に行くことのできない遠方の人へは年始回りの代わりとして、賀状を書いて送ったということです。
明治時代になり郵便制度が整い郵便ハガキが発行されることで、「ハガキで年賀状を送る」という習慣が急速に広まりました。遠方の人のみならず近隣の人へも新年に年賀状を送るものとして定着し、今日まで続いています。
近年ではメールの普及に伴い、新年の挨拶をメールで済ませる人も増えていますが、そのような中でも年賀状の配達件数が激減していないという現状は、「年賀状は日本人として特別な思いのある書状」と位置づけられているからなのかもしれません。
年賀状を書くことは、過去にお世話になった人や親しかった人との思い出に心を馳せること、相手を思う機会でもあります。長い歴史のある年賀状の習慣を大切にし、人との繋がりに感謝の気持ちを込めて年賀状を贈りたいものです。

ページTOPへ