年賀状 写真の印刷のネット注文はパレット55伝わるへ

  • パレットプラザ・55ステーション
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

お問い合わせはこちら

お客様サポート

写真を入れる年賀状

写真なし印刷年賀状

キャラクター年賀状

  • おしゃれ年賀状

喪中だった場合の年賀状ルール

もし、ご自身の(血縁関係の深い)親族に不幸があった場合、翌年の年賀状は控えます。これは、ある一定の期間、亡くなった人の死を悼み、身を慎む事にあたります。門松などの正月飾りも行いませんし、鏡餅やおせち料理、お屠蘇(とそ)でのお祝いもせず、静かに過ごします。毎年、初詣に出掛けていた人も神社・仏閣へ足を運ぶことを控え、もちろん年始回りも行わないのが一般的です。年賀状に関しては、毎年交流している相手に年賀欠礼(喪中はがき)を手配しましょう。送る時期に関しては、相手が年賀状を準備・投函する前にしておきたいところですので、年賀郵便の受付が開始する前に実施しましょう。目安としては12月初旬までに届くようにすべきですが、ゆとりを持って11月中に届くようにすれば、相手にとっても親切だと思います。ちなみに、自身が送る年賀状は控えるとしても、相手からの年賀状は受け取りたいという場合は、1月7日(松の内)を過ぎてから、寒中見舞いを出しましょう。その際に、喪中であったために、年賀の挨拶を控えさせてもらった旨を書き添える事を忘れないようにしましょう。マナーを守って行えば、相手もきちんと理解してくれますし、今まで通り気持ちの良い交流を行っていけると思います。なお、近親者であっても、世帯が別であったり、仕事柄、年賀状を送るという場合もあります。喪中に関しては本人の気持ち次第という面もあります。時代と共にしきたりも変化していくものですので、臨機応変に理解を示していきましょう。

ページTOPへ