年賀状 写真の印刷のネット注文はパレット55伝わるへ

  • パレットプラザ・55ステーション
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

お問い合わせはこちら

お客様サポート

写真を入れる年賀状

写真なし印刷年賀状

キャラクター年賀状

  • おしゃれ年賀状

申(さる)年について

「さる」を意識して探してみると、ことわざや慣用句にも多く登場しています。「猿も木から落ちる(その道に長けた者でも、失敗してしまう事がある)」、「犬猿の仲(非常に仲が悪い事のたとえ)」をはじめ、「猿真似(さるが人を真似るように、軽い気持ちで他人を真似る事)」、「猿芝居(すぐに見抜かれてしまうような、軽軽しいもくろみ)」というように、比喩表現にも多く使われています。なお、愛知県清須市にある日吉神社は、山王(山の神)を祀る事から「申(猿)」が神の使いとされ、御祭神は大山策咋神(おおやまぐいのかみ)の妻の化身(雌猿)という由来があるようです。厄をさる、福を招くとされ、特に申年には多くの参拝客が足を運んでいます。なお、豊臣秀吉に縁のある神社で、「子産石(こうみいし)」に秀吉の母親(大政所)が触れ、祈願した事で秀吉を授かったので、幼名を「日吉丸」としたと言われています。現在は安産、夫婦円満の石として奉られており、多くの喜びのエピソードが寄せられています。子宝に恵まれたいと願うご夫婦には、特にお勧めしたい神社です。今年中に参拝し、その写真を来年の年賀状にしてもよいでしょう。さて、申年生まれの人は進取的な傾向があるというのはご存知でしょうか。それまでの慣習に縛られず、積極的に新しいものを取り入れていくタイプだと言われています。頭の回転が速く、判断力も抜群ですが、利己的な考えから相手に軽はずみな言動をしてしまったり、気難しい人という印象を与えてしまう恐れもあるので、気を付けなければいけませんが、もし年男、年女の知人・友人がいるのであれば、こっそり確認してみて下さい。

ページTOPへ