年賀状 写真の印刷のネット注文はパレット55伝わるへ

  • パレットプラザ・55ステーション
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

お問い合わせはこちら

お客様サポート

写真を入れる年賀状

写真なし印刷年賀状

キャラクター年賀状

  • おしゃれ年賀状

もらった年賀状の整理の仕方

毎年頂く年賀状は皆さんどのように整理されているのでしょうか。残しておくという人も処分されるという人も、来年の為に住所だけはきちんとデータとして残す事が普通だと思います。
ではどのような形で残すのでしょうか。まず一番手っ取り早いのはそのままその年の年賀状をまとめて箱のようなものに入れる、あるいは名刺入れのようなもののファイルに入れるという方法です。
その他、製本のようにしてみるとか、年代別にPPバンドやリングでまとめておくとか、皆さん保存の仕方には苦労しているようです。 しかしこれは何百枚もの年賀状をもらったりする人には置く場所をとったりしてかさばります。これが数年分ともなると大変な量でしょう。ですから、残すのは1年だけと決めて、あとはデータにするとかスキャンして保存する方法があります。あるいは、年賀状ソフトの中には今年出した人は住所録として保存できたりするので来年はまたそれをそのまま使用できるというものもあります。
最近は印刷業者に依頼しても住所録を作成してくれるサービスもあったりするようなので、新しく貰った人の分はそのファイルの中に追加しておけばいいということになります。もらった年賀状は特に写真などが入っているとなんとなく捨てられないものですが、何年もたまったままにしておくこともできません。はがきそのものをとっておくにしても3年程という人がほとんどだそうです。あとはデータとしてパソコンなりUSBなりに保存する、スキャンして保存しておくという人が多いということです。

ページTOPへ