年賀状 写真の印刷のネット注文はパレット55伝わるへ

  • パレットプラザ・55ステーション
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

お問い合わせはこちら

お客様サポート

写真を入れる年賀状

写真なし印刷年賀状

キャラクター年賀状

  • おしゃれ年賀状

巳年(みどし=へび)の年賀状

年賀状において、ヘビはデザインや図柄を考案する際、難しく考えてしまう人も多いと思います。しかしながら、昔の年賀状を見てみると、明治38年(1905年)に京都の工芸学校と、書店が合作して売り出した9枚セットの年賀状は漫画的なデザインで、ネコがヘビに対して毛を逆立てているものや、ヘビのびっくり箱に慌てふためく人などをユーモラスに描いています。実物に近づけて描けば描くほど、おどろおどろしく、構図が難しくなりますが、シンプルで可愛らしいデザインに変えるだけで、とても身近で笑いさえもこみ上げてくるヘビになります。明治から大正に移り変わると、ヘビ使いや外国の神話が題材となった年賀状が目立ち始めるのですが、これらからどんな意味があるのかと考えると、日本人にとってヘビは昔から水に関わる神様として崇拝されていたり、恐れられているので、当時日本でも知られていた異国情緒あふれる人物がヘビと戯れる様子を描き、マイナスイメージの払拭に努めたのではないでしょうか。ちなみにヘビの配色で一番多いのが「白」です。白ヘビは希少な存在から、縁起物とされ、全国の神社仏閣においても祀っている所が多いです。弁財天とも縁があるとされ、富の象徴にもなっているので、年賀状においても白ヘビが多く登場するのだと推測できます。もちろん、緑や青などの配色のヘビも描かれていますが、新年の挨拶に最もふさわしい配色が「白」だと判断され、好まれてきた結果だということでしょう。

ページTOPへ