年賀状 写真の印刷のネット注文はパレット伝わるへ

  • パレットプラザ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

お問い合わせはこちら

ネット限定クーポン

  • フジカラー年賀状

年賀状お役立ち情報

クレジットカード決済
定期メンテナンス

毎月第2火曜日AM2:30~
AM3:30の間で最大5分間

決済代行会社のシステムメンテナンスのためご注文時にクレジットカード決済がご利用頂けません。ご利用のお客様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご了承の程お願い致します。

大正ロマンが表現された年賀状【年賀状コラム】

1912年から1926年の14年間が、大正時代です。この時代の年賀状を明治時代のものと見比べてみると、明治に注目され流行した、洋風な雰囲気や装いから、派手派手しくない落ち着いた和風へと、好みが移り替わっていく印象を受けます。この時代の人々の傾向や、趣味嗜好を「大正ロマン」という言葉で表現しますが、そんなロマンチックで叙情的な世界が、年賀状のデザインにも表れています。明治時代には、干支もシルクハット帽子を被ったり、フリルやリボンの可愛らしいドレスを着ていたり、色使いも赤、白、青、黄色、緑、黒というように数色使って非常にカラフルだったものが、赤と白のみで描かれたウサギや、振袖を着るトラというように、シンプルかつ日本文化に重きをおいた図柄に変化しています。洋風には洋風の新しさや刺激があり、人々の心をくすぐったのでしょうけれど、やはり日本には日本の良さがある事を改めて確信し、年賀状でもその様子が表現されたのだと思います。流行は巡り巡って、また原点に返ってくると言いますが、まさにそれを証明していると感じました。また、外国文化をそっくりそのまま真似ている事に、若干の滑稽さを感じたのですが、もしかしたらこの時代の人も、同じ気持ちだったのかもしれません。着物を着て生活する人の方が大半だった時代、年賀状での挨拶は、あくまで自分らしい心に寄りそったデザインの方が、より気持ちを届けやすかったのでは、と推測します。

ページTOPへ