年賀状 写真の印刷のネット注文はパレット伝わるへ

  • パレットプラザ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

お問い合わせはこちら

ネット限定クーポン

  • フジカラー年賀状

年賀状お役立ち情報

クレジットカード決済
定期メンテナンス

毎月第2火曜日AM2:30~
AM3:30の間で最大5分間

決済代行会社のシステムメンテナンスのためご注文時にクレジットカード決済がご利用頂けません。ご利用のお客様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご了承の程お願い致します。

卯年の年賀状は白うさぎが多い【年賀状コラム】

ペットブームの現代、ウサギも上位に入ります。私の友人でも3人程ウサギを飼っていますが、つぶらな瞳で見つめられると、胸がときめくようです。ウサギは古来から私たち人間と関わりがあります。昔話の中にもウサギが登場するものが多く、「因幡(いなば)の白ウサギ」や、「ウサギとカメ」、「かちかち山」などに、それらを見つける事ができます。ウサギは種類が多く、毛色も黒や茶色、ブチ模様など様々ですが、年賀状で多く見受けられるのは「白うさぎ」だと思います。愛くるしい体つきや、軽々と跳ねる様は、デザイン化しやすいのでしょう。初期の卯年の年賀状から確認してみると、明治36年(1903年)や、大正4年(1915年)のウサギは赤目で、真っ白です。当時、新小説という本の付録に絵葉書を付けており、明治36年(1903年)には2枚セットだったようです。この時のデザイナーは一條成美で、彼は与謝野晶子の夫である、与謝野鉄幹が手掛けた文芸誌「明星(みょうじょう)」の表紙や挿絵を担当し、有名になった人物です。作風は、日本画と洋画の良さをあわせ持ったもので、この付録はがきも、白と赤の2色のみで、白うさぎの群れを描いています。多彩な色遣いも魅力的ですが、「白」はすべての色の中でも一番美しさを放つ色だと思います。背景が緑でもグレーでも、その中に真っ白なウサギを描けば、一際目立つ存在に見えると思いますし、愛くるしい様子を表現できるのではないでしょうか。

ページTOPへ