年賀状 写真の印刷のネット注文はパレット55伝わるへ

  • パレットプラザ・55ステーション
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

お問い合わせはこちら

お客様サポート

写真を入れる年賀状

写真なし印刷年賀状

キャラクター年賀状

  • おしゃれ年賀状

筆記具や、文字の大きさで引き立つ年賀状

文字は心を表すと言いますが、文字の大きさや太さ、選ぶ筆記用具でも与える印象が変わります。力強さや自信を示すには、太く大きな文字が効果的でしょうし、繊細さや、丁寧さを表現したい場合は、細めや小さめの文字にすることをお勧めします。さらにボールペンなのか、万年筆なのか、鉛筆なのか、毛筆なのかといった筆記用具も選び方によって印象を変えられます。私には、発展途上国へリュックサック一つで出掛けて行く女友達がいますが、彼女から届く年賀状は、中字の油性ペンを使い、可愛らしい干支が描かれ、吹き出しにメッセージが添えられています。また、書道教室を開いている知人は、年賀状いっぱいに、行書で干支の文字を描き、極細のボールペンで余白にメッセージを添えてくれます。どちらも個性的で、その人柄がハガキ1枚に表現されています。他には、藍色のインクを使い、時間の経過とともに色合いが変化する万年筆を用いて、メッセージを書いてくれる友人や、毎年、必ず墨をすり、毛筆で宛名や一言を添えてくれる友人もいます。印刷では、明朝体もゴシック体も同じような印象やデザインになりがちですが、本人が筆記用具を選び、手書きをした年賀状は、世界に1枚だけの特別な仕上がりになります。受け取った側としては、その心遣いが非常に嬉しく、心に響き、じっくり丁寧に読もうと心掛けます。綺麗な字でなくても心を込めてゆっくり丁寧に書いたり、心の赴くままにデザインを考え、表現するために筆記用具を選べば、相手に伝わる年賀状が出来上がるでしょう。

ページTOPへ